最新設備
初めての方へ
歯周病とは
これらの症状に注意
原因と病状の進行
歯周病疾患のリスク
当院での歯周病検査内容
初期治療と中期治療
歯周病外科治療


関連サイトのご紹介
神戸松田歯科医院
神戸インプラントセンター
神戸入れ歯義歯専門
神戸矯正審美歯科

GTR法

歯周組織再生法

歯周病、骨増成術前

歯周病などで失われてしまった歯周組織を再生させる治療になります。

もちろん全ての歯周組織を再生できるわけではなく、局所的に歯周組織が失われしまった場合に限られます。

エムドゲイン®

歯の形成に重要な役割を果たすと言われているエナメルマトリックスタンパク質を含むエムドゲインを用いた再生療法です。

歯周組織再生法

フラップ手術と同じように歯肉を切開、歯根周囲の炎症組織を全て取り除いた後にエムドゲインを歯根表面に塗布します。これにより歯根周囲に骨を含む歯周組織が再生すると言われています。

歯周病治療完了

エムドゲインはブタの歯胚から生成されます。
米国食品医薬品局(FD A)の認可を受けており、ヒトに使用されてからも大きな副作用の報告はなく安全な薬品と言えます。

GTR法

フラップ手術を行ったあとは歯と歯肉は本来持っているセメント質と歯根膜からなる強い結合ではなく、歯と歯肉の弱い結合になってしまいます。
しかし、フラップ手術に伴い特殊な膜を歯根と歯肉の間に滑り込ませ壁を作ることで、歯肉上皮の細胞より先に歯根膜側の組織を誘導させることが可能となり、歯と歯周組織が本来持っている関係性を作ることができます。これをGTR法と呼びます。

上記の治療法はもちろん万能ではなく、歯の周囲の骨や歯肉が全体的になくなってしまった状態には適応出来ません。

治療に使用する膜やエムドゲインがその場に留まることが条件となるからです。

ページ上まで戻る

【ご予約・ご質問はこちら】
神戸歯周病治療センター受付

松田歯科医院
078-681-0418