歯周病とは
これらの症状に注意
原因と病状の進行
歯周病疾患のリスク
当院での歯周病検査内容
初期治療と中期治療
歯周病外科治療


関連サイトのご紹介
神戸松田歯科医院
神戸インプラントセンター
神戸入れ歯義歯専門
神戸矯正審美歯科

歯周病原因と病状の進行

原因と病状の進行

歯周病の様々な症状と進行レベル!あなたは大丈夫?

歯周病は自覚症状なく進行していきます。自覚症状が出た時にはかなり進行していると考えて良いでしょう。

厚生労働省の調査では、成人の約8割は歯周病に罹患しているとの報告もあります。

少しおかしいな?と感じた時はすぐに歯医者で診断してもらいましょう。

歯周病の3つのステージ

歯周病にはその段階によって3つのステージに分けられます

・比較的軽度な歯肉炎
・中度の歯周炎
・歯が抜ける直前の歯槽膿漏

それぞれに特徴的な症状を見ていきましょう。

歯肉炎(歯周病軽度)の症状

軽度症状

・歯茎からの出血
歯ブラシに血がついていた。固い食べ物を噛んだ時に血が付いた、歯茎から血が出ていたなど。

 歯茎には多くの毛細血管があります。
歯茎がはれていると、少しの刺激で出血するようになります。

・口の中がネバネバする
朝起きた時に苦みやネバネバで気持ち悪く感じる。

就寝時は唾液の分泌が少なく口の中の細菌が増加しています。
歯周病菌が唾液に多く含まれていると、ネバネバし苦みがあります。

・歯茎が腫れる
疲れた時や、ストレスを感じている時に、よく歯茎が腫れる。

 免疫力が低下すると歯周病菌による炎症が活発化するため歯茎がはれます。

・歯茎が赤、赤黒、紫色!
歯周病菌に対抗するため、免疫細胞のある血液が歯茎の表面に集まり赤くはれます。
健康な歯茎はピンク色、歯周病が進むにつれ色が濃くなります。

・歯茎がむずかゆい
歯周病菌が繁殖し、歯茎が侵され始めると歯茎がむずがゆく感じることがあります。

・歯がザラザラする
歯に歯石が多くついている状態です。
歯石は細菌(プラーク)と唾液と血液で出来ています。
出血が多い場所には歯石が多くできます。また、歯石は歯周病菌の格好の住処です。

歯周炎(歯周病中度)の症状

中度症状

・口臭がする
口臭を指摘された。自分で口臭が気になりだした。

 胃腸の疾病などで口臭がする場合もありますが、歯周病菌の繁殖によっても口臭が発生します。(歯周病の口臭は結構強烈です)

 口臭は自分では気づきにくく、また、他人も指摘しにくいものです。

ふとした時に自分で感じられるようだと、他の人はすでに気づいています。
歯磨きやガム、マウスウォッシュなど、その場限りの対策では絶対に治りませんので、しっかりと治療しましょう。

・固いものを噛むと痛い
歯周病は歯を支える歯茎が炎症で弱くなっているので、硬いものを噛むと歯を支えきれず、痛みを感じるようになります。

・歯が長くなった気がする
歯周病になると、骨の喪失とともに歯茎が後退していきます。

歯が長くなった気がする、出っ歯になったような気がする場合は、歯茎が後退しています。

 歯周病菌は歯の周りの骨を溶かし、骨が溶けるとその上にある歯茎が後退することになります。

・冷たいものがしみるようになる
歯茎が下がると、歯の根元の象牙質が露出します。象牙質部分が露出すると知覚過敏の症状がでます。

・歯の隙間が大きくなった。食べ物が良く詰まるようになった。
歯茎が侵され痩せていくので、隙間が大きくなります。
その結果、食べ物も挟まりやすくなります。

歯槽膿漏(歯周病重度)の症状

重度症状

・歯茎から膿が出る
歯茎を押すと白い膿が出てくる。

 歯周病が進行すると、歯と歯茎の間の歯周ポケットと呼ばれる部分がどんどん深くなります。
そして細菌が溜まり炎症で呼ばれてきた白血球等の免疫担当細胞の死体が膿となり出てきます。

・歯がグラグラする
健康な歯でも全く動かないわけではないですが、舌で押して動くようであれば歯周病が進行しています。
*健康な歯の動く範囲は0.2㎜程度

・歯並びが悪くなる
歯周病によって骨が溶かされることによって歯が動きます。
特に歯の根が細い前歯下部分は重なり合うようになったり、もしくは開いたりします。

・歯が抜ける
歯周病が進行すると最終的に歯が抜けてしまいます。

まとめ

歯周病は、初期段階では自覚症状が無くなかなか気づきにくい病気です。

歯肉炎(歯周病軽度)の症状に一つでも当てはまるなら、歯周病が始まっている可能性があります。

初期段階でセルフケアするにしても、まずは歯医者さんで正しく診断してもらうとともに、自分では除去できない歯石を綺麗にしてもらいましょう。


ページ上まで戻る

【ご予約・ご質問はこちら】
神戸歯周病治療センター受付

松田歯科医院
078-681-0418