歯周病とは
これらの症状に注意
原因と病状の進行
歯周病疾患のリスク
当院での歯周病検査内容
初期治療と中期治療
歯周病外科治療


関連サイトのご紹介
神戸松田歯科医院
神戸インプラントセンター
神戸入れ歯義歯専門
神戸矯正審美歯科

当院の歯周病検査内容

歯周病とは?

歯周病とは歯周病原性細菌によって引き起こされる細菌による炎症性疾患です。

虫歯は歯に対する感染症ですが、歯周病は歯を支える骨や歯肉、歯根膜といった周りの組織に対する感染症なのです。

程度の軽いものから合わせると日本人の8割以上が罹患していると言われています。

口の中には300種類以上の細菌が暮らしていると言われ、されに歯垢(プラーク)1mgの中には1億〜10億個の細菌がいるとされています。

歯周病に罹患してしまうと、歯肉が赤く腫れたり軽いブラッシングで容易に出血してしまいます。症状の軽いうちは適切なブラッシングや歯科治療により元に戻せますが、進行してしまうと歯肉が下がったり膿が出たりします。さらに放置しておくと歯を支えることが出来なくなり最悪の場合歯が抜け落ちてしまうこともあります。

歯周病に罹患しているかを調べるには肉眼で確認する他に、さまざな検査があります。

歯周病検査

歯周ポケット検査

プローブという器具を用いて歯と歯茎の溝にあたる歯周ポケットの深さを測定します。
これにより歯周病によって歯の周囲の歯肉がどれくらい破壊されているか、つまり歯周病の進行度を検査出来ます。

プロービング値

歯周ポケットの深さを表します。この数値が大きいほど歯周病が進行していると考えます。一般的には4mm以上で歯周病であるされています。

出血

検査中の出血の有無を確認します。出血はその部分に今現在炎症が起きていることの目安になります。

動揺度

歯のぐらつき度合いを調べます。歯周病によって歯の周りの骨や歯肉が破壊されているとぐらつきが大きくなります。

口腔内写真

口の中のカラー写真を撮影します。これにより、肉眼で確認できる歯肉の色や、腫れ、炎症度合いなどを記録して確認出来るようにしておきます。

治療前と治療後の状態を見比べることも可能となります。

レントゲン写真

歯を数歯に分けて撮影する口内法デジタルX線写真と、上下の顎骨まで撮影するオルソパントモ写真があります。

この検査では虫歯の有無や、根尖病巣の有無、骨の破壊度などを確認することが出来ます。

咬合検査

適切な位置で噛めているか、過度に力がかかっている歯がないかなどを確認します。また、歯のすり減り具合などから歯ぎしりや食いしばりの有無などもわかることがあります。

数歯の歯に過度な力がかかってしまうことも歯周病を悪化させる一つの要因となります。

ページ上まで戻る

【ご予約・ご質問はこちら】
神戸歯周病治療センター受付

松田歯科医院
078-681-0418